健康な頭皮に痒みは出ないので、

痒みがあるということは、頭皮環境が崩れていると認識して良いでしょう。

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

いずれも頭皮のトラブルで髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という悪循環になる危険もあります。

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎によるものならば、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、清潔な頭皮を保つことです。

清潔にするためには、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

シャンプー前にブラッシング、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

これをすることで、小さい埃や皮脂は結構洗い流せます。

次に刺激の少ないシャンプーを手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

頭皮に傷をつけると厄介ですので、爪を立てたり、ガシガシ洗うのはやめましょう。

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってきちんと洗い流します。

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意してください。

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎があります。

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

頭皮に限らず肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みの悪循環となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする