汗っかきでもそうでもなくても

頭皮のニオイチェックの方法は、頭皮を指で擦ります。

そしてその指の臭いを嗅いだ時、臭かったら頭皮は臭っていると思われます。

他には、ドライヤーを利用してセルフチェックできます。

髪が乾いているときにドライヤーで頭頂部の上から下に送風して、その風がクサいと思ったらば、頭皮にニオイがあると思われます。

こういったやり方は、男性、女性、子供でも間違いありません。

枕が時間をかけて何度も皮脂が付くのとは違い、直接頭皮を触って臭いを感じるのは、臭いのもとを作る菌が活発なのか、皮脂をシャンプーでしっかり洗い流せていない可能性があります。

皮脂は、擦った指がオイル感があるときは、分泌され過ぎていることを意味するので、治らないかもと諦めずに余分な皮脂はしっかりシャンプーで取り除くことを考えてください。

皮脂は、頭皮のニオイに大きく影響しています。

というのも皮脂は、ニオイのもと肌の常在菌(マラセチア菌)のエネルギーになるからです。

皮脂は、皮脂腺から分泌されます。

皮脂腺は体中にありますが、とりわけ頭皮の皮脂腺の数は最も多いです。

つまり、常在菌が活動するためのエネルギーをもっとも分泌する場所であり、ひいては、常在菌が増える好条件にもなっています。

常在菌が増えることで、当然、脂肪酸のニオイも増えてきます。

頭皮の匂いを消すというスプレータイプの商品を使ってみたが、ニオイが消えたとは思えなかった。

頭皮の匂いは病気なのか?頭皮の匂いに効くシャンプーをいくつか使ったが、丁寧に使っても治ったとは思えない。

臭う時の対処法として、ドラッグストアーでおすすめのポップを見て購入し試したが、イマイチ効果を感じることができなかった。

やはり市販品でなく、ネットの専門ショップで購入するシャンプーの方がいいのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする